HOMEメイトー情報館 > 製品ができるまで

製品ができるまで

搾乳
酪農家かや牧場で、健康な乳牛ら1日平均2回搾乳します。ミルカー(搾乳機)で搾られた生乳は、パイプラインを通り、バルククーラー(冷却貯乳槽)で5℃以下に冷却、貯乳されます。
集乳
タンクローリーが酪農家を回り、冷却されている生乳の温度、乳質などを調べたうえで集乳します。四季を通して5℃以下の低温で工場へ届けられるように輸送管理しています。
検査
色、風味、温度、比重、アルコールテスト、抗生物質の有無などの乳質検査を行ない、パイプラインで工場内に受け入れます。酸度、脂肪率、全固形分、細菌数、異物なども厳重にチェックしています。
清浄
生乳中には、眼に見えないような小さなゴミや異物が混入していることもあるので、クラリファイヤー(遠心式清浄機)によって、これらを自動的に分離、除去します。
貯乳
生乳は、微生物にとっても絶好の栄養源となるため、受乳後ただちに5℃以下に冷却し、保冷式の受乳タンクに貯えます。
殺菌・均質化
加熱殺菌(130℃で2秒が主流)した後、ただちに10℃以下に冷却します 。生乳中の脂肪が浮くのを防ぐために、ホモゲナイザー(均質機)で脂肪球を細かくします。
充填
自動的に成型された紙容器に牛乳を充填し密封します。びん牛乳の場合は、自動洗びん機で洗浄、殺菌したのち充填します。
製品検査
10℃以下で貯蔵し、細菌数、成分、風味など、必要な検査を行ないます。

お客様サポート

お電話でのお問い合せ
0120-369817(営業時間/9:00~17:00)
お手紙でのお問い合せ
〒173-0004 東京都板橋区板橋3-9-7
板橋センタービルディング4階
協同乳業株式会社 お客様相談室

協同乳業株式会社

Copyright © Kyodo Milk Industry Co.,Ltd. All rights reserved.