HOME  >  ニュースリリース  >  プレスリリース
2012年2月23日

ビフィズス菌「LKM512」が漢方薬の薬効を高めることを証明

メイトーブランドの協同乳業株式会社(本社:東京・中央区/社長:山崎 直昭)の松本光晴主任研究員らは、慶應義塾大学漢方医学センター、横浜薬科大学との共同研究で、プロバイオティクスビフィズス菌LKM512が便秘薬の含有成分センノシドを分解し、腸の蠕動運動※1を活性化させることを証明しました。なお、本研究結果は、米国オンライン科学誌「PLoS ONE(プロスワン)」で本日2月23日(アメリカ東部時間22日)に公開されました。

古来より便秘症には、瀉下作用(下剤作用)を有する漢方薬「大黄」が利用されてきました。大黄は、含有成分のセンノシドが腸内細菌の作用で分解されることで大腸の蠕動運動を活性化させます。手術後の入院患者や高齢者には、大腸の蠕動運動が弱くなることによって起こる便秘症が多く、大黄に代表されるセンノシド系漢方薬による蠕動運動の活性化は有効な治療手段です。大黄の効果は、腸内常在菌が大黄に含まれるセンノシドを薬効成分レインアンスロンに分解することにより得られます。すなわち、患者の腸内常在菌に依存するため、センノシドを分解できない腸内常在菌が優勢の患者では薬効が得られません。また、術後の患者や高齢者は、感染症予防や治療などの目的で抗生物質を使用していることも多く、それがセンノシドを含む漢方薬の効果を下げていました。

協同乳業(株)で保有している135株の乳酸桿菌とビフィズス菌の中からin vitro ※2実験系においてセンノシド分解に安全に利用できる菌株を探したところ、すでにヨーグルトとして商品化され、安全性が確認されている「ビフィズス菌LKM512」を含む複数の菌株が、高いセンノシド分解能を有していることが明らかになりました。また、これらの菌株は薬効成分レインアンスロンを生成していることも確認されました。

次に、これらのビフィズス菌をマウスに経口投与し、その有効性も検討しました。抗生物質を使用している術後の患者や高齢者を想定し、抗生物質を用いて腸内菌叢にダメージを与えたマウスにビフィズス菌LKM512とセンノシドを経口投与し、腸管内でのセンノシド分解能を調べました。さらに経口投与した炭末の移動距離を測定(黒く色をつけて見易くする目的で炭末を使用)することによって、腸の蠕動運動への効果も調べました。

その結果、ビフィズス菌LKM512が腸管内でセンノシドを分解していることが認められ、全個体で便が軟らかくなりました。また、LKM512投与群は対照群と比較して炭末の移動距離が長く、腸管の蠕動運動を活性化していることが確認されました。さらに、抗生物質処理を受けた腸内菌叢内では、投与されたLKM512のみが増加しており、腸内常在細菌ではなくLKM512がセンノシド分解に関与していることが示唆されました。

以上の結果より、センノシドとの併用で大腸内で薬効成分レインアンスロンを生成し瀉下作用を誘導する菌株として、ビフィズス菌LKM512が見つかりました。経口投与されたバクテリアが腸管内でセンノシドを分解し、蠕動運動を活性化することが確認されたのは世界で初めてです。 将来的には、ヒト臨床試験、製薬メーカーとの連携も視野にいれて研究を進めます。




<用語解説>
 ※1 蠕動運動(ぜんどううんどう)・・・生物の管腔臓器において、筋肉の収縮が連続することによって管腔内の物質を一定の方向に動かす運動のこと。腸においては、便などの内容物を肛門まで移動させる働き。この運動は自律神経によって制御されているため、意意味。体内と同様の環境を人工的に作り、目的の反応を検出する試験のこと。
※2 in vitro・・・「試験管内で」という意味。体内と同様の環境を人工的に作り、目的の反応を検出する試験のこと

 【本件に関するお問合せ先】
協同乳業株式会社 LKM事業部 担当:遠藤
TEL:03-5966-2200  FAX:03-5966-3010

お客様サポート

お電話でのお問い合せ
0120-369817(営業時間/9:00~17:00)
お手紙でのお問い合せ
〒173-0004 東京都板橋区板橋3-9-7
板橋センタービルディング4階
協同乳業株式会社 お客様相談室

協同乳業株式会社

Copyright © Kyodo Milk Industry Co.,Ltd. All rights reserved.