HOME  >  ニュースリリース  >  プレスリリース
2014年4月 2日

協同乳業「健康寿命伸長のための食品」の研究に新たな成果
ビフィズス菌「LKM512」とアミノ酸「アルギニン」摂取で寿命が伸長!
"脳のアンチエイジング効果"があることも判明

4月1日(火)日本時間18時 Nature姉妹誌「Scientific Reports」に、

既に単独投与で寿命の伸長を確認済みのビフィズス菌「LKM512」と、

「アルギニン」を併せて長期投与することで、

14ヶ月齢マウス(※1)の寿命の伸長、並びに20ヶ月齢時点(※2)での学習・記憶力が
高いことを明らかにした論文が公開されました。

※1 14ヶ月齢マウス:日本人平均寿命換算50歳程度
※2 20ヶ月齢マウス:日本人平均寿命換算70歳程度


リリースはこちらをご覧ください
http://lkm512.com/contents/20140401.pdf
 
論文につきましては、下記URLをご覧ください。
http://www.nature.com/srep/2014/140401/srep04548/full/srep04548.html

お客様サポート

お電話でのお問い合せ
0120-369817(営業時間/9:00~17:00)
お手紙でのお問い合せ
〒173-0004 東京都板橋区板橋3-9-7
板橋センタービルディング4階
協同乳業株式会社 お客様相談室

協同乳業株式会社

Copyright © Kyodo Milk Industry Co.,Ltd. All rights reserved.