HOME  >  ニュースリリース  >  プレスリリース
2014年8月 5日

医薬品の臨床試験の実施基準(GCP)に準拠した治験により
ビフィズス菌LKM512が
成人型アトピー性皮膚炎のかゆみを改善することを確認

メイトーブランドの協同乳業株式会社(本社:東京・中央区/社長:尾﨑 玲)の松本光晴主任研究員らは、医薬品の臨床試験の実施基準(GCP) に準拠した治験により、ビフィズス菌LKM512が、成人型アトピー性皮膚炎の症状(特にかゆみ)およびQOL(クオリティ・オブ・ライフ)を改善することを確認しました。この研究の内容は、米国アレルギー・喘息・免疫学会の学術誌 Annals of Allergy, Asthma & Immunology の8月号に掲載されました。

 

リリースはこちらをご覧ください。

http://www.lkm512.com/contents/20140805.pdf

お客様サポート

お電話でのお問い合せ
0120-369817(営業時間/9:00~17:00)
お手紙でのお問い合せ
〒173-0004 東京都板橋区板橋3-9-7
板橋センタービルディング4階
協同乳業株式会社 お客様相談室

協同乳業株式会社

Copyright © Kyodo Milk Industry Co.,Ltd. All rights reserved.