産地のストーリー 未来に向け、秩父の森を守ろう!

食べて守る~おいしく食べるだけで産地が守れます~

食べて守る

産地には課題がいくつもありますが、未来に自然や素材を残すために生産者は奮闘しています。食べるコトは消費につながり新たな生産の糧となり、産地を守るコトにつながります。

課題1:森の現状 荒廃した森

荒廃した森

林業が衰退し、全国で森が荒廃しています。荒廃した森は保水力が低く、洪水などの災害原因になります。森の再生は多大な労力と費用がかかる為、放置されて更なる森の荒廃に繋がります。

課題2:未来へ残したい 森林保全は大変!

森林は、整備するだけでは解決になりません。労力・費用を確保する仕組みを作らなければ、持続的な森林保全を行えません。秩父では、未来へ森を守る活動を行っています。

街とつなぐ カエデ樹液プロジェクト

カエデ樹液プロジェクト

森の恵み(カエデの樹液)を活かした地域活性が目的です。秩父地域の豊かな森林資源の保全、活用を通し、自然と共生した新たな価値観を創造する取り組みです。森の恵みを活用(販売)することで、針葉樹の間伐と、広葉樹(カエデ)の植樹ができるため、森林再生になります。季節ごとにエコツアー(樹液採取体験など)を実施し、多くの街の人に森の大切さを伝えています。

森と生きる 「NPO法人秩父百年の森」の活動

豊かで命あふれる森には、人と森との関わりが大切です。何もしなければ、森の再生は約300年かかります。“百年で森を甦らせる”ことがNPOの活動の原点です。メイトーはNPOと取組を行っています。

子供たちへリレー 森を作り、まなぶ

秋に種を拾い、苗畑で大きく育て森へ植林します。
子供達が森に親しめるよう、環境教育を実施しています。数年後、自分が植えた苗を森へ見に行くことが出来る様にNPOが苗を育て管理しています。森に興味を持ってもらうきっかけ作りを行っています。

原料のストーリー 和メープルを作るのは大変!

01:木だって人と同じ。みんな個性が違う

全てのカエデの木を調査し、より質のよい樹液を
採取できるように管理運営しています。自然の木
なので、調査するだけでも大変なんです。

02:樹液をちょっとだけいただきます

雪解けのわずか1か月の間だけ採れる樹液。
一滴一滴カエデから分けてもらいます。
森からポリタンクを背負って運搬するのも一苦労です。
*樹液採取は県・市・町とルールを決めています。

03:アフターケアは何よりも大切!

樹液はカエデが春に葉や花をつけるための大切な
栄養源。枯死しないようアフターケアをします。
葉をつけるのを見届けると一安心。

04:徹夜で樹液を煮詰めます!

秩父ミューズパークのカフェMAPLEBASEにある
本場カナダから輸入した濃縮器で薪を使用し
40分の1まで樹液を丁寧に煮詰めていきます。

商品のストーリー メイトーの取り組み

01:植樹と樹液採取など共に取り組みました!

季節ごとに社員が秩父を訪問しています。植林や樹液採取
などの体験を通して、森を守る大切さや、
和メープルの作り方を学んでいます。

現在、社内で苗木を育成中。
来年の秋には秩父の森へ植樹する予定です。
少しずつ大きくなる苗木を大事に見守っています。

02:やさしい味わいのこだわり

やわらかい食感にすることで、メープルの香り立ちを
大切にしています。また、味わいを大切にするため、
カラメルシロップを使わないところもこだわりです。

03:〜開発者日記〜 知れば知るほど魅力がいっぱい

産地の皆さんと出会って早や3年。訪問する度に森を
守る活動の大切さを感じます。おいしいプリンを食べる
コトで、森に苗が植えられ森を守るコトができます。
皆さんも一緒にできるコトから始めませんか?
*売り上げの一部はメープルの苗木に変わります

04:〜研究者日記〜 おいしさでつなぐ想い

地元を想う方々の誇りや願いが詰め込まれている
「和メープル」。プリンを通じて、皆さんと秩父をつなぐ
架け橋作りをこれからも続けていきます。

商品紹介

秩父 和メープルプリン(商品画像)

栄養成分表示 1個(105g)当たり
エネルギー たんぱく質 脂質 炭水化物 食塩相当量
163kcal 3.8g 9.7g 15.0g 0.1g
原材料名
卵、砂糖、植物油脂、脱脂粉乳、デキストリン、果糖、メープルシロップ(秩父産)/乳化剤、カラメル色素、香料
TOPへ戻る