メイトー

あなたをやみつきにする誘惑のアイス パティシエの贈りもの パティレ

パティレとは

パティシエ達それぞれの技術で、驚きと感動の味わいを生み出したアイス。それが、誘惑のアイス Pâtiré パティレです。より味わいを深めるための特別なレシピ。より香りを引き立てるための素材選び。プロフェッショナルのパティシエだからこそできる工夫で、ついつい食べてしまう、毎日やみつきになるおいしさに仕上げています。一度食べたらもう忘れられないこのアイスに、あなたも誘惑されてみませんか。

MOVIE

こだわり

パティシエ監修だからこそできる、おいしさの秘密をご紹介

こだわり1 「調和」を意識した味づくり

ケーキのスポンジでもソースでも、パティシエは一体感、つまり、全体の「調和」を意識して味づくりをします。それぞれの素材一つひとつをバランス良く組み合わせ、相乗効果を生み出すことを目指してパティレは作られています。

例えば、「誘惑のバニラ」では、甘さとコクをしっかり出すために、まずは卵とハチミツを使ったフレンチバニラアイスをベースとして作ります。
そこに、洋酒とバニラの香りづけをすることで、全体の味が調和しながらも、コクと香りが底上げされた、深い味わいのバニラアイスを完成させています。

こだわり2 味覚、食感、香りへの意識

味とは、甘さや辛さなどの「味覚」だけではなく、滑らかさ、粒感などの「食感」、口に含んだときに感じる「香り」を含めて「味」となります。パティレは、この3つをパティシエがしっかりと意識して味づくりをしました。

例えば、「誘惑のラムレーズン」では、カップとバーで、レーズンの大きさをあえて変えています。単純に粒を大きくすれば良いというわけではなく、口に含んだときのレーズンの食感とクリームの量のバランスがおいしさに影響を与えるためです。そのため、バータイプでは、細かく砕いたレーズンを使用しています。

こだわり3 イメージした味を再現する素材選び

パティシエは、作る前から頭の中に目指すべき味があります。そしてその味を忠実に再現するために必要かつ最適な素材選びができる能力があります。それを駆使してつくられたのが誘惑のアイスであるパティレです。

例えば、「誘惑のバターキャラメル」では、ただ甘いだけではなく、何度も食べたくなる甘さをイメージ。だからこそ、ミルクとビターの2種のキャラメルを使用しています。さらに、甘さがまとわりつかないキレを生み出すために、ミネラルウォーターの硬水のようなキレをつくるロレーヌ産岩塩を少量加えることで、完成度の高いアイスをつくり上げています。

ラインアップ

誘惑のバニラ

フランス産バニラの香り+洋酒の香り

カップアイス
内容量 120ml

卵とハチミツを使ったフレンチバニラアイスがベースのコクのあるアイス。口の中に洋酒とブルボンバニラの香りが上品に広がり、本格感を味わえます。

誘惑のラムレーズン

ラム酒+カルフォルニア産レーズン

カップアイス
内容量 120ml

洋酒の香りをしっかり感じるラム酒と、歯ごたえのあるレーズンを厳選してつくったアイス。ラムレーズン好きのために誕生したラムレーズンアイスです。

誘惑のラムレーズン

ラム酒+カルフォルニア産レーズン

食べきりバーアイス
内容量 40ml×6本

細かく砕いたレーズンを全体に混ぜ込んだ贅沢なアイス。ダークラム酒の芳醇な香りが広がり、本格的なラムレーズンアイスを楽しめます。

誘惑のバターキャラメル

2種のキャラメル+バター+クッキー

食べきりバーアイス
内容量 40ml×6本

キャラメルアイスにバターでコクを出し、さらにバタークッキーを混ぜ込みました。思わず笑顔になる味わいのバターキャラメルアイスバー。

誘惑のザッハトルテ

チョコレート+アプリコット

ひとくちチョコアイス
内容量 11ml×15個

シャリシャリの食感とアプリコットソースによる酸味と甘み。チョコレートケーキの王道ザッハトルテを一粒で味わえるアイスです。