個々の腸内細菌の生き残り戦略が組み合わせることで、 機能性物質ポリアミンが産生されていることを発見

メイトーブランドの協同乳業株式会社(本社:東京・中央区/社長:尾﨑玲)の松本光晴主幹研究員らは、石川県立大学の栗原新准教授、京都大学の東樹宏和准教授、理化学研究所の辨野義巳特別招聘研究員らとの共同研究で、腸内ポリアミンが複数の腸内細菌の代謝経路を経由して生合成され、その生合成経路はビフィズス菌等が産生する酸により作動することを明らかにしました。この研究成果は、米国のScienceの姉妹誌「Science Advances」で6月27日(日本時間6月28日午前3時)に公開されました。

詳しい内容はこちらをご覧ください。