東京工場への太陽光発電システム設置について

このたび協同乳業株式会社は東京工場の工場屋上に太陽光発電システムを設置いたしました。
この発電システムは、JA三井リース株式会社様との取り組みにより、東京都の地産地消型再生可能エネルギー導入拡大事業補助事業を活用し、導入したものであります。
現在、東京工場および同敷地内にある研究所、商品開発部では、環境負荷軽減を目標としたISO14001(環境マネジメントシステム)への取り組みを通して、エネルギーの軽減に努めております。
このシステム導入により二酸化炭素排出量を年間200t削減することが可能となります。これは東京工場の二酸化炭素合計排出量の3%に相当する量で、発電量、運用状況が工場ロビーの液晶モニターでリアルタイムに把握することが可能となっております。
協同乳業では、すでに新群馬工場、東海工場でも工場屋上への太陽光発電システムの導入、屋上緑地化を実施しており、今後も、太陽光発電システムをはじめとした自然再生エネルギーの活用、二酸化炭素排出量の削減と環境負荷の一層の軽減に努めて参ります。


設備概要

メーカー:ネスクトエナジー・アンド・リソース株式会社
モジュール型式:NER672M380
設置枚数:963枚
総出力:365.94kw
パワコン型式:SG33K3J
定格出力:266.4kw


tokyo-factory.pngのサムネイル画像

【お客様からのお問合せ】
協同乳業株式会社 お客様相談室 TEL:0120-369817