安定同位体ラベル解析で腸内マイクロバイオームの代謝経路の追跡
~ゲノム情報による解析では発見困難な副産物を経由する代謝経路の存在を明らかに~

 メイトーブランドの協同乳業株式会社(本社:東京・中央区/社長:尾﨑 玲)の松本光晴主幹研究員らは、ヒューマン・メタボローム・テクノロジーズ株式会社の大賀拓史研究員らとの腸内マイクロバイオームによるアルギニンから生理活性物質ポリアミンへの生合成経路を探索する共同研究において、キャピラリー電気泳動-飛行時間型質量測定装置(CE-TOFMS)等による安定同位体ラベル追跡解析で、ゲノム情報による解析では発見が難しい個別の細菌による「物質吸収-菌体内代謝-副産物放出」の繰り返しによる物質変換が行われていることを明らかにしました。この成果は、腸内細菌研究の専門誌「Gut Microbes」に公開されました。

詳しくはこちらをご覧ください。