原料のおはなし

初めまして!私、白あずきと申します

“白あん”の多くは手亡豆(てぼまめ)など白色の豆で作られているため、白あずきは知られているようで、実はあまり知られていません。

じつは、平安時代から食べられていました!

西暦900年頃に書かれた「本草和名」で白あずきが登場します(諸説あり)。今でも、上品な味わいから老舗和菓子店などで重宝されています。

でも、新勢力に負けました

明治時代、安価な海外産の白いんげん豆が輸入されました。結果、白あずきはその座を取られ、今では希少な豆となりました。

産地のおはなし

北海道の寒暖差にも負けず

寒さと雨に弱く、出来る豆の量も少ない白あずき。
栽培が難しい為、生産者は少ないのが現状です。

育てるのは大変。だからこそ価値がある

まだまだ日本にはいいものがたくさんあります。
未来に向けて伝えていきたい。
産地とメイトーの想いです。

商品のおはなし(開発者日記)

出会いは突然。知れば知るほど、奥が深い

「白!?知らなかった~」。去年の今頃。
出会いにワクワクしました・・・。この驚きが
皆さんに伝わり、白あずきが未来に繋がりますように。

商品のおはなし(研究者日記)

生産者の想いとお客様の懸け橋に

白あずきを丁寧に微粉砕し、
なめらかな口当たりに仕上げています。
白あずきの優しく上品な風味をお楽しみください。

商品紹介

北海道白あずきプリン(商品画像)

栄養成分表示 1個(105g)当たり
エネルギー たんぱく質 脂質 炭水化物 ナトリウム
162kcal 3.0g 9.8g 15.4g 47mg
原材料名
卵、砂糖、植物油脂、脱脂粉乳、黒蜜ソース(果糖ぶどう糖液糖、砂糖、黒蜜)、果糖、デキストリン、白あずき粉末、食塩、増粘剤(加工デンプン、セルロース、ローカストビーンガム)、乳化剤、安定剤(セルロース、ジェランガム)、香料
TOPへ戻る