原料のおはなし

初代定右衛門からお茶と歩んで250年余

日本茶発祥の地、宇治田原町。由緒ある土地で、江戸後期からお茶と歩む老舗茶園十代目がプリンのために厳選した抹茶です。(昭和初期頃の茶葉工場)

時代は変われども、お茶への想いは変わらない

鎌倉時代から広まり、江戸時代に製法が確立された日本茶。古くから伝わる茶匠の伝統を十代目が大切に受け継いでいます。

今も変わらない良質の茶葉

茶畑を覆い尽くす神秘的な朝霧、澄み渡る水と空気、自然の恵みが良質な茶葉を育みます。

産地のおはなし(開発者日記)

水はあげない。お茶が甘えるから

雨の多い宇治でも雨の降らない時がある。
「おいしい茶葉のために甘やかさない」と笑う生産者。
子供を見つめる親の顔でした。

自然の恵みに感謝し、“ほんまもん”を目指す

プリンのために茶葉を厳選する匠の顔は真剣。
厳選した茶葉が作りだした“ほんまもん”のプリン
を食べて優しい笑顔が戻りました。

生まれてから日本茶を何杯飲んだのだろう

一番口にしていると思われる日本茶。
しかし、知らないことばかり。皆さんに伝えたい
産地の想いを商品に込めてお届けします!

商品のおはなし(研究者日記)

生産者の想いとお客様の懸け橋に

抹茶の魅力をしっかり伝えたい!
その思いで試作を繰り返すこと数知れず。茶葉の
風味を最大限に生かしたこだわりのプリンです。

商品紹介

京都宇治抹茶プリン(商品画像)

栄養成分表示 1個(105g)当たり
エネルギー たんぱく質 脂質 炭水化物 ナトリウム
137kcal 4.1g 4.1g 20.8g 52mg
原材料名
卵、砂糖、脱脂粉乳、黒蜜ソース(果糖ぶどう糖液糖、砂糖、黒蜜)、デキストリン、植物油脂、抹茶、水あめ、安定剤(セルロース、ジェランガム)、香料、乳化剤、クチナシ色素、増粘剤(セルロース、加工デンプン、ローカストビーンガム)、酸化防止剤(ビタミンC)
TOPへ戻る